企業

解説

代替卵とは? 原料や市場規模、代表的な日本&海外企業を解説

今回は「代替卵」について解説していきます。代替卵とは動物の卵以外の原料から作られた鶏卵の代用品で、今年に入ってキューピーやネクストミーツが新商品を発表して話題になりました。日本では代替卵の商品化をした企業はまだ少数ですが、海外では家庭用の販売が広く進んでいます。
解説

v2foodを徹底解説! 日本のバーガーキングにも使用されるオーストラリア最大の代替肉企業

気になる国内外の代替肉に取り組む企業を徹底解説!今回はオーストラリアの「v2food」についてです。v2foodは現CEOであるニック・ハゼル氏が2019年に創業し、シドニーに本拠地を置きます。2021年8月に7200豪ドル(約57億円)の大型の資金調達を行った、オーストラリア最大の代替肉企業です。
解説

代替卵の「イートジャスト」を徹底解説! 上場間近で培養肉も手掛ける代替卵企業

気になる国内外の代替タンパクに取り組む企業を徹底解説!今回はアメリカのイートジャストです。イートジャストはアメリカの代替卵企業で、2011年に創業しました。同社の植物性代替卵Just Eggは液状タイプで、主要な原材料は緑豆(タンパク質)とターメリック(天然着色料)です。また、遺伝子組み換え作物不使用でコレステロールフリーです。
解説

インポッシブルフーズを徹底解説! ビヨンドミートの代替肉との違いや日本での販売は?

気になる国内外の代替肉に取り組む企業を徹底解説!今回はアメリカのインポッシブルフーズです。同社はアメリカのカリフォルニア州のフードテック企業で、生化学者であるパトリック・O・ブラウン氏が2011年に創業しました。同社の代替肉の大きな特徴は「ヘム」という化合物が含まれていることです。
解説

ビヨンドミート(アメリカ)を徹底解説! 代替肉の特徴や日本での販売は?

気になる国内外の代替肉に取り組む企業を徹底解説!今回はアメリカのビヨンドミートです。ビヨンドミートはカリフォルニア州に本拠地を置くフードテック企業で、イーサ・ブラウン氏が2009年に創業しました。同じアメリカのインポッシブルフーズと並び、世界を代表する代替肉企業2強のうちの1つです。
タイトルとURLをコピーしました