【実食レビュー】イケアでプラントボールなど3種類のプラントベースフードを食べてみた

【実食レビュー】イケアのプラントボール・プラントベースラザニア・ベジドッグ 実食レビュー

こんにちは!うーしーです。

今回はイケア(IKEA)で3種類のプラントベースフード
(ベジドッグ・プラントボール・プラントベースラザニア)
を食べた感想です!

イケアのプラントベースフード

イケア」はスウェーデン発の家具量販店で、日本には東北から九州まで13店舗あります。

サステナブルへの取り組みに積極的なことでも有名で、地球環境に配慮した商品を多く揃えています。

店内のレストランでも、植物性メニューの導入や使い捨てプラスチックの段階的廃止を目標に掲げるなど地球環境に配慮したサステナブルへの取り組みを積極性に行っています。

それでは、イケアで食べられる植物性のメニューをレビューしていきます。

 

ベジドッグ

1つ目は渋谷店で食べた「スモーランド ベジドッグ」です。

IKEA渋谷店には、1階の入ってすぐのところにベジドッグ専門ビストロがあります。
プラントベースのトッピングや渋谷店限定メニューがたくさんあり、ベジドッグを目当てに行くなら渋谷店がおすすめです。

単品とセット(サイドメニューとドリンク付き)が選べて価格もお手頃です。

こちらが「スモーランド ベジドッグ」(単品80円)です。
動物性原材料不使用のプラントベースメニューで、渋谷店以外でも販売中とのことです。

また、ベジドッグのソーセージの原料はケール、レンズ豆、キヌア、タマネギ、小麦プロタインなどです。

感想

ベジソーセージはカレーのようなスパイスを感じる風味で、野菜が苦手な人も食べやすいでしょう。
上にのっているマヨネーズのようなソースとともに食べると口の中で辛子マヨネーズ風の味わいとなります。
食感は野菜の繊維や豆をそのまま感じます。
食べ応えは軽く、軽食や間食にちょうど良いサイズでした。

 

プラントボール

2つ目は新宿店で購入した「プラントボール」です。

イケア新宿店の1階には、パック商品の販売や量り売りがメインの「スウェーデン バイツ」があります。基本的にはテイクアウト向けのようですが、入り口付近には立食できるテーブルが用意されています。

こちらでは、スウェーデンミートボール、プラントボール、ベジボールがパック売りと量り売りの両方でそれぞれ売られていました。

こちらが「プラントボール」です。
プラントボール10個、マッシュポテト、クリームソース、グリーンピース、リンゴンベリージャムが付いたパックは500円と、お肉のミートボールより100円安くなっています。
冷蔵されているため、温めて食べるのが良いでしょう。(購入の際に温めてもらうことも可能です。)

注意点としては、パックに入っているソースやマッシュポテトは乳製品が入っていることです。よって、動物性原材料不使用のプラントボールのみを食べたい人は量り売りがおすすめです。
量り売りでは100gあたり400円と、こちらもミートボールより100円安いです。

プラントボールの主な原材料はエンドウ豆タンパク質、ジャガイモ、タマネギ、オート麦、リンゴです。

また、プラントボールはイケアのその他の店舗でも食べられます。

感想

見た目はミートボールそっくりです。
弾力ある固めの食感で、麦や野菜によるものと思われる繊維感のある舌触りです。
豆の風味はなく、塩気をやや強めに感じる味です。
味や食感から総合的には肉だと感じる味わいで、食べ応えも十分です。
付け合わせと食べると特にやみつきになり、次々と食べたくなりました。

 

プラントベースラザニア

3つ目は新宿店で購入した「プラントベースラザニア」です。

こちらはミートボール類やサラダとともにショーケースに入っており、店員さんに注文してパックに詰めてもらいます。

こちらが「プラントベースラザニア」(850円)です。
植物由来のミートソースで作られたラザニアで、原宿店と渋谷店以外の店舗で食べられます。

冷蔵されているため、温めて食べるのが良いでしょう。(購入の際に温めてもらうことも可能です。)

感想

ラザニアパスタが何層も積み重なっており、ワクワクする見た目です。
植物性ミートソースは細かく刻まれた野菜がたっぷりで、トマトの甘みも十分でおいしいです。そしてなにより、ソースがたっぷりかかっているのがうれしいです。
一方でチーズやホワイトソースは動物性のものと比べると、コクがやや物足りない印象です。
パスタは作り置きのためやや柔らかくなっているものの、約10層のボリュームともちもち感で満足できます。
全体としてはバランスのよい味で、ボリューム感もあり、植物性としてはとてもおいしいラザニアでした。
また、断面がきれいでした。

 

まとめ

以上、イケアのプラントベースフードについてでした。

家具や食品の買い物のついでに地球に優しい食事を楽しめます。
もちろん、レストランを目当てに行っても十分楽しめるでしょう。

それでは今日も食を楽しみ、人生も地球も豊かにしていきましょう!

 

コメント

  1. […]     関連記事シナモンロールとカルダモンロールの違いとは? イケアで2種類を食べ比べ【実食レビュー】イケアでプラントボールなど3種類のプラントベースフー…   サステナブルへの取り組みはフードにも表れており、普段から植物由来のミートボール「プラントボール」やベジソーセージを使用した「ベジドッグ」といったプラントベースのメニューが充実しています。   そんな中、5月20日から「お肉好きも満足のサステナブルフードフェア」と題して、7月11日までの期間限定で多くのプラントベースメニューが登場するようです!   […]

タイトルとURLをコピーしました